キャットフードを愛猫に与えていて、体調不良が疑われた場合には、グレインフリー製品に切り替えてみると良いでしょう。

犬と猫を一緒に飼育していると、ドッグフードを誤って食べてしまうことがありますが、消化不良を起こすことがよく知られています。

 

原因として猫は肉食動物ですから、エネルギー源を肉のみで摂取可能となっており、唾液で穀物を消化出来ません。

穀物を消化吸収するための胃腸構造となっていないので、穀物を与えてしまうと体内に入り込んだ糖質は膵臓のみでエネルギーを取り出す必要があり、内臓に負担がかかってしまうわけです。

 

肉や魚から日常生活に必要なエネルギーを取り出せるので、穀物に含まれる糖質はエネルギー源として活用出来ないにも関わらずキャットフードに含まれていても不要物でしかありません。

身体の構造が元々肉食動物のまま猫は変わっていないので、新鮮な肉と魚のみから作ったキャットフードを与えるだけで、健康維持に役立ちます。

 

キャットフードに穀物が入れられてしまう理由は、メーカーによるかさ増し以外の何物でも無いので、グレインフリーのキャットフードならば、猫が必要とする肉と魚のみから作られているため安心して与えられるでしょう。

 

白身魚メインならばモグニャン、チキンメインならばカナガンキャットフードがグレインフリー製品の中でも定評があり、価格とのバランス重視ならばカナガンキャットフードを与えておけば、健康維持も期待出来るでしょう。

 

鮮度が落ちてしまうと、キャットフードは勿体無いので、必要な量を計算して購入することが大切です。