ペットフードはコンビニエンスストアでも手軽に購入出来るほど身近な存在となっています。

しかし、猫にとっては消化できない穀物が入っているキャットフードが今だに売られている現状に飼い主が気付いてあげられるかが重要です。

 

犬はある程度雑食性がありますが、猫はライオンと同様に完全に肉食動物だということを忘れているか知らない飼い主の存在があります。

肉や魚のみを原料としてキャットフードを作ると、穀物を混ぜて作るよりもコストが高くなってしまうので、キャットフードのかさ増しをするために穀物が入れられてしまっている現状です。

 

消化が出来ない穀物は、胃腸に長時間留まり続けるので、下痢やアレルギーの原因となりやすくなります。

穀物を不使用としているグレインフリーのキャットフードが人気を集めているのは、必要な栄養素をしっかりと食べるために必要なことがからです。

 

猫にドッグフードを与えてしまうと栄養失調となってしまい、犬にキャットフードを与えると太ってしまうのは、肉に含まれるタンパク質の量がまるで違うからであって、猫にとって重要な栄養素は、肉と魚のみから十分に採れることを意味しています。

 

カナガンキャットフードならば、グレインフリー製品の中ではコストパフォマンスが良いので、安全かつ十分な栄養が入っていて、新鮮な原料で作られている製品として信頼している人が多いです。

キャットフードの重要性に気がついている飼い主の多くがグレインフリー製品を選び始めているわけです。